読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倫理学のすゝめ

書きたいことをいろいろ書いてます

【最終回】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』あらすじ・感想

f:id:kenkitube:20170402175742j:plain

1期2期あわせて全50話にわたるTVアニメシリーズ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が本日最終回を迎えました!特に2期後半からはなかなか賛否が分かれそうな展開となったので、自分なりの感想を書いてみようと思います。

 

 

ざっくり50話あらすじ

1期

火星の民間警備会社で働かされていたミカヅキ、オルガ、ビスケットなどの子供達は ガンダムバルバトスとともに会社を乗っ取り、「鉄華団」として独立運動をかかげる少女クーデリアを地球まで送り届けることになる。

幾度となく襲いかかるギャラルホルンの攻撃をかいくぐり、ついに地球までたどり着いた鉄華団。地球でもビスケットとか他にも何人も死んで、なんやかんやあって最終的に目的を達成する。

2期

火星の統治権限を見返りとして、ギャラルホルン改革を目論むマクギリスと手を組むことになった鉄華団。これから火星の王となるためのオルガと鉄華団の戦いが始まる。

マクギリスはギャラルホルン本部の地下深くに眠る「ガンダムバエル」を起動させる。バエルを起動することはギャラルホルンを統べる者の証であるため、これでマクギリスの目標は達成されたかに思われた。ところがどっこい、ラスタル・エリオンというオッサンがギャラルホルンのしきたり的なのをガン無視して攻撃を仕掛けてきたので一気にマクギリスと鉄華団が窮地に追い込まれる。

たまらず火星に立てこもったけど全く勝つ見込みがないので、ミカヅキ達MS乗りが時間を稼いでいる間にトンネル掘って逃げる作戦に。その作戦中に団長オルガが撃たれて死亡したり、最終回ではミカヅキ達主要キャラもほとんど死んでしまう。その結果、他の団員は生き延び、アトラはミカヅキとの子供を育ててゆくのであった・・・

 

 

ポジティブな感想

オルフェンズは2期後半からどんどん仲間が死んでいき、事態も悪化の一途を辿っていました。無事に団員たちは生還しましたが、最終回は決して幸せなだけの終わり方ではありませんでした。

しかし!ラストシーンで成長したアトラ、クーデリアとともに生活するミカヅキの子「アカツキ」の姿に救われた人は多いのではないでしょうか。確かにミカヅキは死にました。オルガ、ビスケット、アキヒロなど、鉄華団を立ち上げたメンバーももれなく死んでしまいました。彼らが目指した場所へはたどり着けなかったように見えましたが、本当の居場所はすでに手に入れていたのかもしれません。鉄華団という名のーーー。

ネガティブな感想

いやおかしいでしょ。2期1話、いや1期1話より明らかに状況悪化してるでしょ。1期はまだいい、2期がヤバイ。マクギリスとかいう奴の口車に乗せられてね?変な欲出したばっかりに状況どんどん悪くなってね?

確かに、仲間を守るために命をかけて戦って散るというラストシーンは展開的にはめちゃくちゃアツい。正直好み。でもそれ自分たちで招いた事態じゃないすか。「火星を救うために」のような大義があって命がけで立ち向かって、それによって何かが変わるとかでもなく、「やべ!調子こきすぎた!ここは俺たちが命かけるからみんな逃げろー!」って感じで死んじゃった。結果なんも得してねえ・・・

なんだかんだ言っても

鉄血のオルフェンズは最高でしたよ。ガンダムはかっこいいし、男臭い展開も熱いし、戦闘シーンは迫力あるし、毎週こんなに続きが楽しみなアニメはここ最近ありませんでした!

ラストの展開も不満っちゃ不満ですけど、内容に満足いかなくてモヤモヤするくらい本気で観てたってことなんじゃないですかねー。全員生きてめちゃくちゃハッピーエンドを望む一方で、実際そうだったらここまで心に残る作品にもなっていなかったような気がします。

とりあえず放送直後なんでTwitterとかでネタバレ感想言えず、ここに書きました。みんなの意見も聞きたいです。合計で4クール、楽しませてくれてありがとうございました。

関連記事