倫理学のすゝめ

書きたいことをいろいろ書いてます

TBSのドラマ「死幣-DEATH CASH-」を観た

0時目が覚めて、ぼーっとテレビをつけていると「死幣-DEATH CASH-」という新番組のドラマがやっていたので観た。

経済学部に通う大学一年生・南由夏(松井珠理奈)は怖い話好きな妹・小夢(清原果耶)から死幣の怪談を聞く。死幣はお金が欲しくてたまらない人に突然届く呪いのお金だという。そしてその死幣を使ってしまうと一万円札の福沢諭吉の肖像に黒い染みが浮かび上がり、使ってしまった人は残酷な死を遂げるという内容だった。このとき由夏は知らなかった、これがただの都市伝説ではないということを

今回の第1話では主人公の好きな先輩が内定取れないマンで企業しようとしてるところになぜかポストや押入れに大量の金が現れ、先輩は企業のために湯水のように金を使ってしまう。

この先輩は結局最後死ぬわけだけれど、まさか先輩の開けたシャンパンのコルクが壁に跳ね返ってハシゴに当たって傾いてそこからコロコロと転がってきた物体が塩酸の入ったタンク(なんであるんだよ)を倒しそこから流れ出た塩酸が鎖を溶かしバチーンと千切れた鎖が甲冑を直撃し甲冑の持っていた剣が先輩を突き刺してしまう。.

ピ・タ・ゴ・ラ・ス・イ・ッ・チ

という感じのホラーの入ったドラマなんだけど、こんな情けない死に方は絶対にしたくないなあ。